【雪と林檎展】開催のお知らせ

2018/12/13(木)~2019/1/14(月)

ワクワクするクリスマス、みんなが集まるお正月。はらはらと降る白い雪、真っ赤なほっぺと、林檎。

miageru.でお取り扱いさせていただいている作家さんの、合同企画展を開催します。

「みんなで何か、テーマを決めて展示できたら楽しそう!」そんな一言ではじまった、小さなお楽しみの第二弾です。

今回は、サンタさんの衣装や、大晦日の紅白歌合戦でもおなじみの「赤」と「白」を集めます。

作家さんには、ざっくりと、この2色に近い色合いの作品をお持ちいただきます。

いつもとは違った雰囲気のmiageru.へ、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

【参加作家】coton・さきおりCHICKA・のん窯・ripples

tovoのりんごジュース、あります!

こんにちは!

今日はとってもおいしいりんごジュースをご紹介します。もちろんストレート!りんご農家さんの本気のジュースです。

数が少ないので、ビビビと感じた方はぜひご来店くださいませ。生産者様のご厚意で、試飲用のジュースもございます。一口飲めば、納得の美味しさです。

ラベルがユニークですね。これは、りんごをモチーフにして「フクロウ」を描いています。

なんとなくデザインを見てピンときた方もいらっしゃるかもしれません。

「tovo(トヴォ)」がつくった、チャリティーりんごジュースなのです。

【tovo(トヴォ)】
2011年3月11日の東日本大震災によって、親を失った子供たちを、青森から支援するプロジェクトです。チャリティーグッズを制作・販売し、その経費を除いた全ての収益を、長期的な子供たちの心のケアの為、あしなが育英会へ継続的に寄付し、青森から「あなたがたのそばにいつもいますよ」と伝え続けます。ご支援、ご協力を宜しくお願いいたします。

WEB tovo2011.com

SHOP shop.tovo2011.com

miageru.でも以前から「tovo plus」というフリーペーパーを置かせていただいていますが、販売という形でご協力できるのは初めてです。

「tovo plus」は、青森県に住む「家族」の写真とインタビューで、東日本大震災以降の「家族」の様子、変化、そしてこれからをフリーペーパーを通して100ヶ月間にわたり伝え続けるプロジェクトです。

そこで、震災当時の私の感じたこと、その後の変化などなどを綴らせていただこうと思います。(誰にも頼まれていません、しかも長いです)

「震災当時、私は青森駅ビル内の無印良品でスタッフとして勤務しておりました。大震災の少し前、ニュージーランドでも大きな地震があり、そのニュースを見て、他のスタッフとなんだかこわいねぇ、こういうことって続くからやだね、気をつけようね、と話した矢先の出来事だったので、とても恐ろしかったことを記憶しています。

ガタッと大きな揺れがおこり、洋服をかけていたハンガーが、のしのしと揺れて、間も無く電気が消えました。

当時、ラビナ(駅ビルの名前)の4階は美容室で(現在美容室は5階にあります)動かないエスカレーターを、頭にタオルを巻いたまま、濡れ髪のお客様がバタバタと降りて行きました。

館内放送の指示があり、お客様の安全を確保して、すぐに避難していただきました。

スタッフはしばらく待機です。大きな破損もなく、何が起こったか全くわかりませんでした。

ようやく1階の避難口に集合となり、しばらく待機ののち、解散になりました。駅の方では、誰かが「津波が来る!」と叫んでいました。

なんで津波?とその時は思いました。そして海とは反対側の自宅へと歩き出しました。

信号はすべて止まっていました。バスには乗らない方が安全だと思いました。

家に帰ってもよくわからないまま、時間だけがすぎていきました。携帯で色々調べたかったけど、いつまで続くかわからない停電、職場からの電話に出られないと困るので、なるべくさわらないようにしていました。

それからしばらく経って、何度か余震があり、停電のたびに休業しながらもなんとか普段の日々を取り戻そうとしていました。

物流体制が整うまで、品薄状態が続きました。「今」必要なものは、いつまで経っても手に入りませんでした。

いつもモノであふれていた世界が、あっけなくこんなことになってしまうなんて、信じられませんでした。こんなに危うい世界だったのに、私は何に安堵して暮らしていたんだろう。

この時の気持ちが、私の創業の理由の1つです。

悔しかった。とてつもなく悔しかった。無力な自分、そして何も考えずに生きていた自分。このままではいけない、そう思いました。

3月といえば、新生活の準備。進学、就職、転勤、引っ越しに伴う家具のご購入が、1年で一番多い月、いわゆる繁忙期です。

あの時ばかりは、いつもと様子が違っていました。

就職先が、ない、流れた。

進学先と、全く連絡が取れない。

立ち入りできない地区だが、近くまで行くしかない。

多くの方が、不安を抱えていらっしゃいました。でも、みなさん口を揃えて、「でも仕方ない、命があるだけ、よかったと思う。もう決まっていることだから、わからないけど、行くしかない。」

あんなに悲しい繁忙期は、後にも先にもありません。

 

私には何ができるかな。

自問自答してたどり着いたこたえの1つが、「miageru.」です。

私にできることなんて、たかが知れています。まだまだ未熟です。だけど本気で生きよう。死ぬまで本気で生きよう。

そう、心に決めて、今日まで過ごしています。

これからも、それは変わりません。」

miageru. 金原蓉子

 

 

 

 

 

 

「イッピン」本日放送です!

いよいよ本日、「イッピン」が放送されます。

津軽びいどろと、ripplesさんが紹介されますよ。

当店でも、ほんの少し撮影していただきましたので、ぜひご覧くださいませ。

紹介される「ねぶた」シリーズ、たくさん揃えてお待ちしております。

お土産や、クリスマスプレゼント、自分へのご褒美に。。

雪の季節に、カラフルな「ねぶた」シリーズはとてもロマンチック。ビールを注いでもいい感じです。

今年はクリスマスラッピングをミントグリーン × ホワイトパールにして見ました。

箱付の商品の包装は無料ですので、お気軽にお申し付けくださいませ!

うれしいお知らせ

こんにちは!

今日はうれしいお知らせをさせていただきます!

なんと、NHK BSプレミアム「イッピン」にちらっとmiageru.が出ます!放送記念として、放送翌日(21日水)は定休日ですが営業いたします!
※20日(火)は第3火曜日のためお休みです。

放送日 2018年11月20日(火)19:30〜20:00

再放送 2018年11月27日(火)昼12:00〜12:30

 

「津軽の色を閉じ込めて〜青森 ガラス製品〜」

青森を代表する伝統工芸「津軽びいどろ」と、ガラス作家「ripples」さんが紹介されます。

miageru.は完全な棚ぼたで、「津軽びいどろ」と「ripples」を取り扱いしているご縁で、店内での商品撮影などをしていただきました。

私もほんのすこーしだけ、出演させていただいております。(緊張して目線がパラレルワールドにいってしまっていないか心配であります。)

イッピンはいつも見ている番組だったので、本当に嬉しいです。母も大好きな番組なので、ちょっとだけ、親孝行ができたような気になっています。

すごく時間をかけて、ガラスの美しさを一粒もこぼさないように撮影をされていて、素晴らしいものづくりの現場に立ち会えたことも大変勉強になりました。

すごーく綺麗なので、必見でございます!

 

miageru.のクリスマス

こんにちは!

今年もこの季節がやって参りました。

イルミネーションです!

いい感じにできました。

近くで見ると「あれ?模様かな?」と思うほどたくさんの気泡が入っております。

往年のヤンキーが車にスモークを貼る時の気持ちになって作業してみましたがダメでした。。。

でも遠くで見るといい感じなので、ぜひお写真を撮ったり、楽しんでいただけると嬉しいです。

お気に入りはこのネコちゃん。

「へいらっしゃい!」の雰囲気がたまりません。

近くの幼稚園の子どもたちや、お仕事帰りの方が喜んでくださるのでとても励みになります。

贈っても、贈られても嬉しいクリスマス。

今年も皆様のお力になれますように。

【やってみた】ぬか漬けチャレンジ

こんばんは!

最近は捨て漬けもいらない便利なぬか床があるので、ぬか漬にチャレンジしてみました。

使ったのは、野田琺瑯の「レクタングル深型・L」です。

ぬか床がちょうど1キロ入ります。きゅうり2本、小ぶりのナス2本を漬けました。

毎日かます(かき混ぜる)必要があるのですが、ちょうどよいサイズ感です。冷蔵庫内の匂いもそんなに気になりませんでした。

上手にできた(気がする)ので、器に盛り付けて和のワンプレートに。

美味しかったです。

盃が良い仕事してますね。子あえは、母作です。インスタグラム等ではさもさも自分が作ったみたいにしれっと投稿していますが、私は料理があまりうまくありません。

器が良いと、よく見えますね。自己満足!です。

〈使ったもの〉
【野田琺瑯】
レクタングル深型・L    2,106円(税込)

【惣太窯】
長角皿     2,160円(税込)
◯磁器/有田焼
◯11.5 × 23 × 2 cm
◯電子レンジ・食洗機使用可(オーブン使用不可)

【津軽びいどろ】
盃コレクション わたゆき   1,080円(税込)

可愛さ、渋滞中!

こんにちは!

今日は動物柄の小皿をご紹介します。

お子様も喜んでくれそうな、可愛らしい柄ですよ。

一見、なんだ?

ムムムッ?

ちょっと近づくと、こんな感じです!

夢心地の白バク・もふもふの白アルパカ・爽やかな白ツバメ。

お醤油皿や、ちょこっと盛り付けるのにぴったりな小皿です。

軽くて、重ねやすいのもナイスポイントですよ。

間違い探しをしたくなりますが、間違いはなさそうです。

【natural69】
Janke ヤンケ     540円(税込)
(白バク・白アルパカ・白ツバメ)
◯電子レンジ・食洗機使用可
◯オーブン使用不可

※商品名の「ヤンケ」は、佐世保の方言で、『いいやんけ!(いいじゃん)という意味だそうです。素敵な商品が出来上がる過程でい「いいやんけ!」を連発していたら、それがそのまま名前に決まったというユニークなエピソードのおまけ付きです。

 

マチマップ桜川、始動!

こんにちは!

今日はずっとみなさまにお伝えしたかったご報告ができます。

ジャジャーン!

桜川のユニークな店舗が掲載されたマップができました。

以前、miageru.で個展を開催してくださった、「トヨカワイラスト研究室」さんが可愛くピンクで作ってくれました。

掲載店舗でお買い物などして頂くと、スタンプがつきます。5つ集めるとオリジナル缶バッジプレゼント!(限定品)

店主の激似にがおえ(割増感アリ)と、おすすめ商品のイラストがポイントです。

「こんなお店あったんだ!」「入りにくかったけど行ってみよう!」「いつも行くお店が載っている!」このマップが、桜川を楽しむキッカケになれたら、とてもとても、嬉しいです。

そして、このワクワクするマップの取り組みを、今後も続けていけたらな、と思います。

マップは各店舗と、協力店舗様に置かせていただいておりますので、是非是非ゲットしてくださいませ!

詳しくはこちらからご覧くださいませ!
↓ ↓ ↓

マチマップ桜川ホームページ

【掲載店舗】(リンク先は店舗のHPです)
・アトリエCANOE(カヌー)
・つがる工芸店 / 民芸品
・浜寿司(はまずし)
・Noël(ノエル)/ フランス料理
・Oven39(オーブン39)
・眼鏡工房 福(めがねこうぼう ふく)桜川店
・Ivey coffee stand(アイビーコーヒースタンド)
・global ダイニング たか志
・Per te(ペルテ)
・Vavinvo(バビンボ)
・miageru.(ミアゲル)

マップ完成を喜ぶ寄り合い 浜寿司さんにて

可愛い!を集めました

こんにちは!

いよいよ秋本番。

街の木々も紅葉してきました。

ハロウィンやクリスマス、人が集まる楽しいイベントシーズン到来です。

お家の形の小皿や、こっくり秋色マグカップ、焼きたてパンのサクサク感を長持ちさせる可愛いパン皿など、見て使って楽しい器を集めました。

明日は朝から午前中いっぱい、とあるテレビ番組の撮影がmiageru.店内でございます。

午前中はお休みとさせていただき、オープンは13時からとなります。

まだ詳しい内容がお伝えできないのですが、いつも見ていた憧れの番組だったので、とてもうれしく、すでにそわそわしています。

放送の内容など、後日しっかりお伝えいたしますね!

「小さなものがたり」開催のお知らせ

算用子綺香 個展
「小さなものがたり」

2018.11.12 mon – 12.9 sun (最終日は17時まで)

 

上記期間、miageru.店内で算用子綺香さんの初個展を開催いたします。

美しく重なった色を見つめて、ふと自分について考えてみる。芸術の秋です。

ぜひ遊びにいらしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「想いを繋いで、記憶を紡ぐ」そこからはじまる1ページの物語と、1ページで終わる物語。想いはいつだってここにいて、記憶はいつも頭の片隅にいた。

ある少女の、日常を描いた物語を、この眼で、この腕で見つけた。

その君から、君の手から、君の思考から、私は変わり、私の形がわかった。

私は私と、はじめて出逢った。

 

算用子綺香

Sanyoshi Ayaka

1994年 青森県青森市生まれ

2013年 青森県立青森戸山高等学校 美術科 卒業

高校卒業以降、市内にて仕事しながら制作活動。

可愛いDMも届いています!