miageru.のよみもの・のん窯編

miageru.で作品をお取り扱いいただいている作家さんにご協力いただき、インタビューを通してものづくりの魅力に迫ります。

テーマは「作家の道具と材料」。
本日はカラフルな色使いや、個性的な絵付けの作品が人気の「のん窯」さんにお話をお伺いしました。

微調整を重ねながら練る土

ーこれが材料の土ですね!色の違う土を混ぜているんですか?

そうですね。信楽や瀬戸の土3種類を混ぜて使っています。
土によって焼き締まる温度が違うことや、土の可塑性(かそせい)という、作りやすさのようなことを調整するために、この土を混ぜて使っています。
また、釉薬によって配合の割合を替えています。
白い釉薬の器には白土多めに、織部やアメ釉の時は赤土多めにすると同じ釉薬でも発色がよくなります。

3種類の土を、作品によって微妙に配分を変えながら混ぜているそう。

ーそうなんですね、全部同じ土を使っているのかなぁ、と思っておりました!やはり、混ぜるのは大変ですか?

土練機(どれんき)がないので、少しずつ手で練ります。じんわり汗かき、唯一の運動です!

美しく練り上げられた土

完成まで、待つ時間と作業を繰り返す

ー1つの作品を作り上げるまでに、どれくらいの工程があるのですか?

例えば、マグカップを作る場合だと、だいだい10以上の工程が必要ですね。

「可愛らしいりんごのマグカップ。指をひっかけられるように工夫がしてあるので、持ちやすいのです。」
  • 土を練る(20分)
  • ロクロで成形(1コあたり5〜10分)
  • 半乾燥(冬は丸1日くらい、夏は半日)
  • 削り(1コあたり5〜10分)
  • 取手をつける(1コあたり5分)
  • 乾燥(冬1週間くらい、夏3日くらい)
  • 素焼き(7時間)
  • 窯が冷めるまで1日半くらい
  • 絵付け、釉薬をかける(1コあたり10〜15分)
  • 本焼き(10時間)
  • 窯が冷めるまで1日半くらい

ー待つ時間も、かなりあるんですね。そういえば、納品していただく際「窯が冷めるのが何日ころなので〜」というお話をされていたのは、こういうことだったんですね。成形や削りの作業には、どんな道具を使っているのですか?

コテ

こちらは「コテ」という道具です。
主にロクロで成形する時に使います。器の内側のカーブするところに当てたり、手のあと(ろくろ目)をつけたくない所にあてて表面にを滑らかにしたりします。
ちなみに自作で、壊れたりんごの木箱から切り出して作りました。

ーりんご箱から!青森らしさが溢れる道具ですね。

カンナ

ふふふ、道具にも、ちょっとだけ青森らしさを出しています。
また、こちらは「カンナ」という道具で、成形したものを半乾きにさせてから、高台を削り出したり、厚いところを削るために使います。

ーもしかして、こちらも手作りだったり・・・?

実はそうなんです。
写真にある細長い鉄を曲げて削って作ります。
使う度に刃の部分を研ぐのでだんだん細くなってきたら先端を折ってまた曲げて削って使います。

最前列で、使ってほしい

ー最後に、作品を制作する上で、一番気をつけていることはなんですか?

作品によって気をつけることは違いますが、器は使いやすさと洗いやすさと、収納のしやすさです。
自分が家事に関してマメなタイプではないため、扱いづらいものは食器棚の奥にしまいっぱなしになる傾向があります。なので自分で作るなら主婦目線を活かして食器棚の最前列でガシガシ普段使いされるものをと思っています。

あとは、重さをけっこう気にします。
以前は軽ければ軽いほどいいと思っていましたが、欠けやすかったりモノとしての存在感も薄いような気がしました。カップならカップらしい重さ、お皿ならそのお皿らしい重さがあって、ちょうどいいのが一番いいな、と気がつきました。

ーのん窯さんの作品は、miageru.でもリピーターのお客様がとても多く、みなさん少しずつ揃えることをとても楽しんでくださっていて、私もいつも嬉しい気持ちにさせていただいています。
今年は新しい作品作りにも取り組まれるんですよね?

そうですね!りんごの木の灰を使った釉薬を試しているところです。新しい作風にも、どんどんチャレンジしていきたいと思います。

ー新しいシリーズも、楽しみにしています!本日はありがとうございました。

miageru.のよみもの・さきおりCHICKA編

なかなかお出かけができない毎日。イベントも軒並み中止となり寂しい春になってしまいました。
少しでもお楽しみになればと、miageru.で作品をお取り扱いをさせていただいている作家さんにご協力をいただき、インタビューを通してものづくりの魅力に迫りたいと思います。

今回のテーマは「作家の道具と材料」。
素敵な作品は、どんな素材を使い、どのように仕上げていくのか、裂織作家の「さきおりCHICKA」さんにお話をお伺いしました。

たくさんの工程を経て作られる裂織作品

「メインで使っている「地機」という織り機」

ーわぁ!すごく大きな織り機なんですね。
この織り機から、カラフルで可愛い作品たちが生まれていくのですね。
1つの作品を作るまで、どのくらいの工程があるのですか?

例えば、キーリングを作ろうとすると、細かい手順を省いても10以上の工程が必要となります。

  • 経糸の綿糸と緯糸の着物を仕入れる
  • 着物を分解して洗ってアイロンがけ
  • 経糸をカセから玉巻にする
  • 着物を裂いて丸める
  • 整経(経糸準備)→機上げ(織れる様に準備)
  • 織る
  • 織り機から下ろして二週間寝かせる(時間がない時は水に浸してから乾かす)
  • 織った布表面の余分な糸をきれいにカット
  • キーリングの長さにカット
  • 革をカット
  • キーリングパーツの準備
  • カシメ打ったり等仕立て 

ーすごいですね!織るまでの工程がたくさんあるんですね。

これでもかなり省略しています。全体の時間を計算するのは難しいですが、相当な時間がかかっていると思います。キーリング を一本「織る」作業だけでしたら、20分位かと思います。

ーやはり、一番楽しい工程は「織る」ところですか?

そうですね、織る作業が一番楽しいのですが、作業全体からみたら、ほんのわずかな時間です。

地機に使われる織り道具。天然素材が多く使われており、今では生産されていないパーツもあるそう。

色鮮やかな裂織作品の秘密

ーさきおりCHICKAさんの作品は、カラフルでモダンな色合いのものが多くとても素敵ですよね、材料はどんなものを使っているのですか?

材料は、ほどいた着物、裂いた着物、カセ状の経糸、玉巻した経糸です。

ーキレイで、鮮やかですね!眺めているだけで楽しい気持ちになりますね。作品を制作する上で、一番気をつけていることはなんですか?

きれいな色を織り出すことですね。細い経糸と、緯糸に入れる裂いた布の色バランスがきちんと取れないと、仕上がりがきれいな色にならず、くすんで見えてしまいます。

ある程度は予想して材料を揃えて織り進めますが、色の出方がイマイチと思ったら、経糸は変えられませんが、緯糸を別な材料に変えて、納得するまで織り直す事もあります。

作業部屋。材料の糸がずらりと並んでいます。

ー草木染めなど優しい色合いの素材や、スパンコールやキラキラした糸を組み合わせた、大人の乙女心をくすぐる裂織小物。
miageru.では、定期的に作品が入れ替わったりしているので、一期一会の出会いを楽しんでいただけたら嬉しいですね。

そうですね。コロナウイルスが落ち着いたら、ワークショップなど、体験していただけるような機会を設けられたらいいな、と思っています。

ーそれはすごく楽しみですね!本日はありがとうございました!

【今後の営業について】

全国への緊急事態宣言に伴い、miageru.4/25(土)~5/6(水)まで店舗での営業をお休み致します。

商品のお取り置きや、ご注文をされている方も多くいらっしゃいますので、本日から24日(金)まで、休まず営業致します。

休業期間中は、商品のお渡しなど対応ができなくなります。誠に恐れ入りますがお急ぎの方はそれまでにご来店をお願い致します。(11時から17時までの時短営業をしています)

お店での営業は自粛しますが、HPSNSでいつもより詳しく情熱的に商品紹介をします!

うつわ、作家作品、津軽びいどろ、手ぬぐい、などなど、通信販売もいたします。母の日やお誕生日、お祝いのラッピングも承ります。

「自粛中に投稿を見てビビッときたらお取り置き営業再開後にご来店、お渡し」という形もとらせていただければと考えています。

店舗での営業については、いろいろと考えてみましたが、やはり連休中の営業は自粛すべし、いう結論に達しました。

不要不急でいいんです。お客様に日々の暮らしの中で、ちょっと楽しい、嬉しい、よかったなぁ、を感じていただきたくて、それを一緒に感じたくて、はじめた店です。

また穏やかな日常を取り戻すことができた時に、楽しい企画、します!(絶対っ!!)

とはいえ、生き残らなければそれもできませんので、5/7(木)からは、密やかに店舗での営業を再開するつもりです。

長くなってしまいましたが、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

miageru. 店主

営業時間変更について

新型コロナウイルスの影響を鑑みて、以下の期間、営業時間の短縮とさせていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、非常時ですので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

4/6(月)〜5/5(火)
営業時間 11時〜17時

 

また、自治体から自粛要請があった際は、臨時休業を致します。

これから桜が咲いてきて、やっと桜川が盛り上がる季節なのにぃ〜!とは思いますが、関東ではお花見がきっかけで感染が、、、というニュースがありましたので、このような対応をとらせていただくことにしました。

とはいえ、春のお楽しみや、新しい商品もどんどんご紹介させていただきますので、ビビッと来たらサクッと見にいらしていただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

「LANDPROTECT 真鍮バングル」

春の展示会でも、大人気だった真鍮バングル。

こちらは12/14、12/15に開催する「jewelryセミオーダー受注会」で販売致しますので、当日そのままお持ち帰りいただけます。

冬の装いに、遊び心のある大人のアクセサリーを。

ニットとの相性も抜群です。

店主も細いタイプを愛用しておりますが、あたたかみのある輝きで、すごく腕に馴染みます。

ちょっとくすんできかな?と思ったときは、貴金属用のクロスで磨くと輝きを取り戻してくれるので、お手入れも簡単です。

イベント開催のお知らせ

1214日(土)  11:0019:00
1215日(日)  11:0017:00(お店の営業は19時まで)

春の展示会が大好評だった「LANDPROTECT」さんが、miageru.に来てくださいます。

漆を施したシルバーアクセサリーや、真鍮アクセサリーを展示販売する特別な二日間。

ピアスやネッックレス、真鍮リングやバングルはそのままお持ち帰りいただけます。


漆のリングは、店内にご用意しているサンプルをご試着して、LANDPROTECTさんに相談をしながらその場でオーダーができます。

ご自分のために、大切な方のために、クリスマスプレゼントに、JAPANリングをオーダーしてみませんか?

もちろん、「今後のためにお話だけ!」「今度金継ぎを依頼したい!」というご相談も大歓迎です。普段は八戸で活動されておりますので、この機会をぜひご活用ください。

オーダー品のため、お支払いは当日にお願いいたします。当店は、各種ギフト券、電子マネー等に対応しておりません。現金、クレジットカード(一括払い)のみご利用いただけます。

【オーダー作品のお渡しまでの流れ】

⑴セミオーダー受注会にて、ご注文とお支払いをしていただきます。
⑵リングの土台が完成後、ご来店いただき、サイズの最終確認を致します。
(漆を施した後は、サイズ調整ができません。必ず実際に使用される方のご来店をお願い致します。)
⑶完成後、miageru.にご来店いただき、お渡し致します。

当日までに、販売作品やオーダー作品をどんどんご紹介して参ります!

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

miageru.のクリスマス

今年はシンプルに雪の結晶を散りばめてみました。

大切な家族に、お友達に、ご自分に。

クリスマスプレゼントにも、そうでないプレゼントにも。

暮らしの中で使える「ちょっといいもの」をたくさん揃えてお待ちしております。

忘年会ギフトにもぜひご利用くださいませ。実は、クリスマスプレゼントよりそれ以外の贈り物が多かったりします。

 

NHK BSプレミアム「イッピン」再放送のお知らせ

選「津軽の色を閉じ込めて~青森 ガラス製品~」

NHK BSプレミアム

◯10/22(火) 午後730分~午後800

◯10/29(火) 午後000分~午後030

昨年放送された番組が、レギュラー枠で再放送♫

miageru.は最初にわんつかだけ、出ております。

津軽びいどろ、ripplesさんの制作風景は見応えバッチリです。

あれから一年。撮影中、緊張して歯茎が乾きまくったことが思い出されます。。。

是非ご覧くださいませ(^^)

明日23日(水)は定休日です。

番組で紹介される「ねぶた盃」「彩手鞠」はたくさん在庫ございますが、ripplesさんの作品は現在店舗にございません。「りんごのペンダント」は、受注生産となっております。

大型台風接近に伴う臨時休業のお知らせ

当店は美しい桜並木通り沿いにあり、お気に入りの大きな窓ガラスと、ドアもガラスになっております。

桜たちもだいぶ年季の入った老木なので、雨風に果たしてどのくらい耐えられるのか、、、心配です。

ご旅行でお立ち寄りいただくお客様も多く、週末にお休みするのはとても心苦しいのですが、ご来店いただく道中、何かあってからでは遅いので13日(日)はシャッターを閉めて臨時休業とさせていただきます。

ご来店を予定されていたお客様、大変申し訳ございません。

12日(土)につきましては、通常営業の予定です。

しかしながら天候次第では早めにお店を閉める可能性もございます。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

消費税率引き上げに伴うお知らせ

消費税率引き上げに伴い、2019年10月1日(火)以降の販売につきましては、新税率10%・軽減税率8%を適用させていただきます。

通信販売の場合は、9/30(日)までにご注文いただければ入金の有無・配送日に関わらず旧税率(8%)となりますので、ご検討中のお客様はお早めにご注文くださいませ。