いろいろ使おう、くらわんか碗

「くらわんか碗」とは、江戸時代に多く作られた庶民のための器。

当時、ご飯をよそうだけでなく汁物に使ったりお酒を飲んだり、様々な使い方をされていたそうです。

小鉢として使ったり、和風パフェを作ってみたり、令和の時代も色々と楽しめそうな器です。

【藍染窯】
くらわんか碗 いっちん   ¥1,200+税
◯陶器(波佐見焼)
◯電子レンジ・食洗機使用可