miageru.のよみもの・LANDPROTECT編

miageru.で作品をお取り扱いしている作家さんにご協力いただき、インタビューを通してものづくりの魅力に迫ります。

テーマは「作家の道具と材料」。
本日はモダンで洗練された漆のジュエリーや、デザイン性の高い塗り箸など、伝統工芸の枠に囚われない、新しいものづくりをされている「LANDPROTECT」さんにお話をお伺いしました。

彫金と漆塗りの技術により生まれる、上質なアクセサリー

「定番アイテムの1つ、漆塗りシルバーリング。(承りはオーダーになります)

ー存在感があって、とてもかっこいいリングですね!漆とシルバーを合わせたアクセサリーはとても珍しいように思いますが、どのように製作しているのですか?

そうですね、自分は彫金と漆塗りの作業を全て1人でこなしています。
まずは彫金で指輪の土台作り。
金属のアクセサリーは主に2種類の作り方があって、金属の板から成形を行う【彫金】工法と、ワックス(蝋)で原型を作り金属を流し込んでつくる【鋳造】工法です。

自分の場合は主に前者の彫金の工法で制作していきます。
まずは銀の板材を糸鋸で切り、丸めたり貼り付けたりしながら土台を制作していきます。

土台が完成したらその上に漆塗りを施していきます。
津軽塗は手間と時間を要する事で有名ですが、何回も漆を塗り重ね研ぎだすという工程を繰り返し複雑な模様を表現していきます。
指輪は小さいものですが、小さくても大きくても作業工程は一緒で、塗りの部分のみで1ヶ月半〜3ヶ月要します。
全ての工程を含めると2ヶ月〜4ヶ月程度の時間をかけて制作しています。

繊細なものづくりを支える、道具の数々

ー噂には聞いていましたが、津軽塗は本当に時間と手間がかかるのですね!
見たことない道具もたくさんあります、針山に刺さった金属の棒のような道具は、、、?どんな時に使うのですか?

これはリューターという機械の先につける道具です。
歯医者さんが使うのを想像してもらえばわかりやすいです。
これを使って金属を削ったり磨いて仕上げます。粗さが違うので粗いものから初めてどんどん細かくして、最後は布や革が付いたもので研磨して金属の輝きを出します。成形よりも磨きが大変な作業です!

ーなるほど、何度も磨くことによって、あの美しいシルバーの輝きが出るんですね!
こちらの石のような道具は、どんな時に使うのですか?

なんだかコロコロして可愛い砥石

これらは砥石です。漆の面を研ぐときに使用します。
自然の砥石もあれば人工砥石もあります。
金属のときと同じように粗いものから細かいものまで使い分け、研ぐものの形に加工しながら使います。
例えばお椀の内側を研ぐときは丸みをつけ、平らな面を研ぐときは平らな砥石を使います。

ー作品が完成するまで、根気のいる作業の連続なんですね。ちなみに、、、漆塗りの道具ってなんで全部真っ黒なんですか?

面白い質問ですね(笑)
塗りものは刷毛を使用します。
漆刷毛は人間の髪の毛から作られているのでもともと黒い色の刷毛なんです。
使用後は漆が残らないように綺麗に洗います。あと基本的には黒っぽいものなので道具類は黒くなっていくことが多いですね。

ー変な質問すみません(笑)刷毛が髪の毛というのも驚きです!

変化し続ける、時代とともに

ー最後に、作品を制作する上で、一番気をつけていることはなんですか?

やはり、常に新しい試みやデザインを取り入れることですかね。
自分自身のスキルアップと、時代や流行に合わせていくよう意識して制作しています。

ー漆の世界は奥が深く、昔からそばにあるのに知らないことがたくさんあると感じました。
落ち着いたら、また金継ぎワークショップでいろいろと勉強させてください。
(お客様からたくさんリクエストいただいてました)本日はありがとうございました!

久しぶりの入荷です

「さきおりCHICKA」さんより、美しい作品が届きました。

一ヶ月ほど、お店にない状態でしたので、お問い合わせいただいたお客様、お待たせいたしました。

人気の朱肉付き印鑑ケースや、リップなどちょっとした小物の持ち歩きにぴったりな、ミニがま口。

アクセントに、ぼたんが付いているのが可愛いですね!

「さきおりCHICKA」さんはボタン好きだそうで、気まぐれでボタンをつけているそうです。

見つけたらラッキーかもしれませんね。

コースターや、くるみバッジやヘアゴムも入荷しております!

いよいよ本日!スタートしました!

こんにちは!

本日より二日間、miageru.では「LANDPROTECT セミオーダー受注会」を開催しております。

オーダーできる作品もたくさんございますが、当日お持ち帰り可能な真鍮アクセサリーもございますので、どんどんご紹介して参ります!

人気の真鍮リングとバングル。

サイズも豊富で、バングルはその場でサイズ調整ができますよ。

真鍮に漆で絵柄を描いたヘアゴムです。
ゴムは取り外しできるようになっていて、紐をつけることでペンダントにもアレンジができます。

ピアスもたくさんございますよ!

人気のピンズも、冬を意識したデザインです!

ドット柄の塗り箸と、津軽塗のお箸。

ドットのキラキラした部分は、真鍮粉とすず粉を使用しています。

素敵な作品がたくさんございますので、ぜひ実物をご覧くださいませ。

皆様のお越しを、お持ちしております!!

「LANDPROTECT」リングその2

こんにちは!

12月14日(土)、15(日)に開催する、「LANDPROTECT」jewelryセミオーダー受注会の、リングデザインをご紹介します!

すごく素敵!ですが是非是非、実物を見ていただきたいなと思います。

【traditional】

定番の津軽塗リング。大胆な男前デザインと、カジュアルに使えるシンプルなデザイン。

抜群の存在感。青森の強さと潔さをを閉じ込めたリングです。

 

「LANDPROTECT」リングその1

こんにちは!

12月14日(土)、15(日)に開催する、「LANDPROTECT」jewelryセミオーダー受注会の、リングデザインをご紹介します!

すごく素敵!ですが是非是非、実物を見ていただきたいなと思います。

【螺鈿のリング〜光刻〜】

光の時を刻むリング。漆の経年変化と共に、楽しく幸せな時間を重ねて欲しいという願いが込められたデザインです。

 

さきおりのカメラストラップ

こんにちは!

「さきおりCHICKA」さんの作品がたくさん届きました。

カラフルなカメラストラップは美しい冬景色の撮影のお供にオススメです。

赤や緑、クリスマスカラーのヘアゴムやくるみバッジもたっぷりございます。

プレゼントや、お土産用にお包みしますのでお気軽にお申し付けくださいませ。

ガラスのお菓子で髪を結ぶ

こんにちは!

急に冬が始まる予感ですね。急な気温の変化に、風邪など引かれませんよう、お気をつけください。

さて、本日は「津軽びいどろ」のニューアイテムのご紹介です。

和菓子のような、可愛いヘアゴム、「Hair Drop」です。

金箔入りはチュルンとした透明なガラスに、優しい色ガラスが散りばめられています。

さくら・ゆき・そら

カラーは「ゆき」「さくら」「そら」の3種類。

品切れしていた「サイダー」「ねぶた」も入荷しています。

サイダー・ねぶた

プレゼントにぴったりですが、まず自分が欲しくなっちゃいますね。

【津軽びいどろ】
Hair Drop   (サイダー・ねぶた)         ¥1,600+税
Hair Drop 金箔入り  (ゆき・さくら・そら)    ¥1,800+税

人気のガマ口が届きました

こんにちは!

「さきおりCHICKA」さんより、人気のガマ口アイテムが入荷しました。

お問い合わせが多かった小銭入れは全3色。

若草色にピンクやブルーの色がちらりと見えるのが嗚呼、可愛いです!

朱肉付き印鑑ケースは、プレゼントにもおすすめです。

通信販売も可能ですので、お電話やメールでお問い合わせくださいませ!

 

LANDPROTECT・金継ぎワークショップ

土曜日に開催された、「LANDPROTECT・金継ぎワークショップ」にご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

思い入れのある器が自分の手で蘇る喜びは、一度味わうと病みつきになりますよね。

今回はタイミングが合わず参加できなかった方もたくさんいらっしゃるので、またWSをお願いしたいと思います。

そして、ステキなお知らせが。

12/14(土)、12/15(日)miageru.店内で『LANDPROTECT・ジュエリーセミオーダー会』を開催いたします。

春の展示会でも大変ご好評だった漆のリングは、セミオーダー会で実物を見て、ご試着していただき、お一人お一人、指のサイズに合わせて制作していただきます。(お渡しまでお時間をいただきます)

今回は、僭越ながら私めが「こんな感じで作っていただけたら、、!」とお願いをさせていただいた冬の夜空をイメージしたリングや、ポップな漆のお箸も制作していただく予定です。

また、大人気の真鍮アクセサリーは、冬をイメージした作品をお持ちいただきます!

クリスマスプレゼントや、自分へのご褒美に。

サンプル作品が届き次第ご紹介していきますので、楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

 

しっとり、秋色、コースター

こんにちは!

オレンジとコーヒー展、たくさんのお客様にご来店いただき、とても嬉しいです。

展示は9/16(月)まで開催しておりますので、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

ダークトーンでも、差し色がビビビと印象的な「さきおりCHICKA」さんの作品です。

マグカップをのせると、なんだか大人っぽくてカッコイイ感じ。

花器の下にさりげなく敷くのもおすすめです。

お部屋の雰囲気をさらりと秋にしてくれます。