オレンジとコーヒー展、始まりました。

昨日より、「オレンジとコーヒー展」がスタートしています。

ほっこり、秋色のアイテムがたくさん揃っています。

作品は少しずつご紹介していきますので、楽しみにお待ちください。

展示期間中の作家作品のお取り置きは、ご遠慮いただいております。ご了承くださいませ。

【オレンジとコーヒー展】開催のお知らせ

2019/8/22(木)~2019/9/16(月)

季節の変わり目に、お気に入りの雑貨とのんびり過ごす。

miageru.でお取り扱いさせていただいている作家さんの、合同企画展を開催します。

「みんなで何か、テーマを決めて展示できたら楽しそう!」そんな一言ではじまった、小さなお楽しみの第三弾です。

今回は、美しい紅葉の色、ぬくもりを感じる「オレンジ」と、ほっと一息つきたい時の必需品、コーヒーをイメージした「ブラウン」を集めます。

作家さんには、ざっくりと、この2色に近い色合いの作品、リラックス時間を充実させてくれる作品をお持ちいただきます。

期間中、miageru.では秋のおやつを楽しむ器をたくさん揃えてお待ちしております。

いつもとは違った雰囲気のmiageru.へ、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

【参加作家】coton・さきおりCHICKA・のん窯・ripples

「いぱだだを履く。展 vol.6」終了のお知らせ

夏次郎商店「いぱだだを履く。展 vol.6〜ちぐはぐこぎんで、いざ出陣!〜」は終了いたしました。

最終日も、駆け込みでたくさんの方に来ていただきました。

本当にありがとうございました。

下駄をオーダーしてくださったお客様、楽しみにお待ちくださいませ。

夏の楽しみが増えることは、冬が長い北国の人間にとって特別なことだと思います。

あとはねぶた、花火を楽しみに待つだけですね!

らっせらー!

展示は明日17時まで

こんにちは!

たくさんのお客様に来ていただいている「夏次郎商店・いぱだだを履く。vol.6 〜ちぐはぐこぎんで、いざ出陣!〜」は、早いもので明日が最終日となります。

丁寧に作られた同じものがない鼻緒。

ぜひ、ゆっくり選びにいらしてください。

最終日の展示は17時までとなっております。

 

くるみボタン

こんにちは!

夏次郎商店さんのくるみボタンをご紹介します。

なんと、同じものが1つもありません!

下駄を脱いだ時に、バラバラにならないよう鼻緒をくくるように、小さめに作られています。

その所作は想像するだけでかっこよくてワクワクします。

鼻緒の色や柄に合わせて選ぶもよし、もちろんヘアゴムや腕につけても素敵です。

展示は月曜日の17時まで、残すところあと3日ほどになりました。

まだまだたくさんの鼻緒が選べますので、ぜひお越しくださいませ。

津軽塗りの下駄と

こんにちは!

ご好評の「いぱだだを履く。展 vol.6」から夏次郎商店さんのオリジナル「半分塗り下駄をご紹介します。

かっこいい津軽塗りですよね。

色は全部で4色。

全て夏次郎商店さんが色を決めて、漆職人さんに仕上げてもらったそうです。

その名の通り、下駄の半分だけ漆を施してあります。

サイドから見ると、インパクトがあって本当にカッコいいですよ。

どんな鼻緒を挿げようか、考えるだけで面白いです。

こちらは受注生産になりますので、お渡しは9月頃になります。

 

いぱだだな鼻緒

連日たくさんのお客様に来ていただいております。

展示に先立ち、店主は本町の「岡井はきもの店」さんで、二枚歯の桐下駄に挿げてもらいました。

鼻緒だけで見ると派手な感じがしますが、下駄に挿げて履いてみると、しっかりまとまってイイ感じ♪

せっかくですから、是非ともいぱだだな鼻緒チョイスをオススメします!
ネイルとのコーディネートも楽しいです。

夏次郎商店さんの展示は7/1まで。

青森限定のねぶた法被カラーの鼻緒は、ご紹介する前に残りわずかとなりましたので、ぜひ実物を見にいらしてください。

※明日26日は定休日の為お休みを頂戴いたします。

夏次郎さんの滞在は本日まで!

こんにちは!

「いぱだだを履く。展 vol.6」2日目です。

初日は雨模様のスタートでしたが、今日は気持ちの良い青空で、まさに下駄日和!

こちらは夏次郎商店特注の下駄に鼻緒を挿げており、すぐに履くことができます。

女物はヒールアップしており、女性らしい形です。

今回の展示会では、「ちぐはぐこぎんで、いざ出陣!」というサブタイトルをつけさせていただきました。

伝統工芸の”こぎん刺し”を履いて、国の重要無形民俗文化財の”ねぶた祭”に出かける。

なんか青森ってめちゃめちゃカッコイイじゃん!

と思ったのです。

短い夏だからこそ、思いきり楽しむ。

この土地の暮らしが、本当に大好きです。

展示は7/1まで。皆様のお越しをこころよりお待ちしております。

 

いぱだだを履く。展 vol.6

いよいよ明日から、「夏次郎商店・いぱだだを履く。展 vol.6」が始まります。

およそ50足の鼻緒が並んだ姿、見応え抜群です。

明日、明後日は夏次郎商店さんが在廊されます。

本当に選り取り見取りですので、お話しながら、ゆっくりお選びください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております!

「いぱだだを履く。展 vol.6」開催のお知らせ

夏次郎商店「いぱだだを履く。展 vol.6」
〜ちぐはぐこぎんで、いざ出陣!〜
2019.6.22(sat)~7.1(mon)

※展示期間中の休業日は、26日(水)です。展示最終日は17時までとなります。

じゃわめぐ夏、誰とも違う、自分だけの履物を。

期間中、miageru.店内で「夏次郎商店・いぱだだを履く。展vol.6〜ちぐはぐこぎんで、いざ出陣!〜」を開催致します。

こぎん刺し作家、夏次郎商店さんの華やかな鼻緒を多数展示。作品はご購入ができ、当日お持ち帰りいただけます。

「ちくはぐこぎん」とは夏次郎商店さんが制作されている左右ばらばらな柄の鼻緒です。右足左足、それぞれお好きな作品をお選びいただけます。

色で合わせるも良し、柄で合わせるも良し、何もかも違うデザインを合わせるもよし。自由な履物をセレクトできます。

家で眠っている下駄があれば、新しい鼻緒を挿げて祭りに出かけたり、下駄が初めての方は、せっかくだから令和元年、下駄デビューしちゃいましょう!

短くてすぐ終わる夏だからこそ、思いっきり個性的なファッションを楽しみたい!サブタイトルは、そのような思いを込めてつけさせていただきました。

店主がワガママを申しまして、青森展示限定品「青森ねぶた祭りカラー」の鼻緒も作っていただいております!

囃子方の法被をイメージした、夏次郎商店さんの熱いねぶた魂を感じる作品です。(ラッセラー!)

また、今回の展示では大変ありがたいことに、青森市本町の「岡井はきもの店」様にお力を貸していただけることになりました。

鼻緒をご購入後、下駄をお持ちでない方は鼻緒を持って「岡井はきもの店」さんに行っていただくと、様々な種類の下駄や雪駄からお好きなものを選んでご購入し、その場で挿げていただくことができます。

すでに下駄をお持ちの方は、下駄と鼻緒をお持ち込みいただくと、その場で挿げていただけます。(挿げ代は有料)

昭和6年創業の、老舗の職人さんが足に合わせて挿げてくださいます。

私も一足お先にお願いしたのですが、足に吸い付くような履き心地、大変あずましいです。

恥ずかしながら、下駄はゲゲゲの鬼太郎が攻撃するようにすぐに脱げるものだと思っていましたが、親指と人差し指で鼻緒を挟むように履くのが正しいそうです。

自分の好きな鼻緒を選び、自分の足に合わせてもらう。

すごくワクワクする、初めての感覚です!

夏次郎商店さんの魂がこもった鼻緒が並んだ景色は圧巻です。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

作家在廊日 6/22(sat)・6/23(sun)

【作家紹介】
夏次郎商店

青森の伝統的な刺し子「こぎん刺し」を使って、左右ばらばらな「ちぐはぐ鼻緒こぎん」を制作しています。店主とは、「男はつらいよ」寅さんの大ファンという共通点がございます。

https://kogin-natsujirou.tumblr.com/

【岡井はきもの店】
青森市本町2-6-18
日曜定休日
※駐車場はございませんので、近隣の有料駐車場をご利用ください。