企業理念とは

「まずは国語の部分。ここが一番大切で、ここさえキッチリ決めておけば、あとは楽ですよ。」

とイケメンIM。
ほんまかいな。文系の私としては、事業計画書の雛形にこの先何ページも続く数値と表みたいなページが憂鬱でなりませんよ。

と思いながらもはてさて、自分はなぜお店を始めたいのだろう。
なんのために?
どんな形で?

といろいろ考えてみました。事業計画書は、もちろん融資申請のための書類ではあるんだけど、こうやって一つ一つ考えていくことで、これから実際にお店作りを進めていくための指南書みたいなものになるんだなあ、と思いました。

もちろん今でもそう感じていますし、何か決めるときには必ず企業理念を振り返ります。
楽しいことを始めるには理由なんていらないけど、継続して、さらに利益を得るためにはぶれずにしっかりとした指針がないといけない、そんなイメージです。

こんなに一生懸命理念とか考えて創業するのに、よく悪いことして捕まる事業者や組織はどうして道がそれちゃうのかしら、なんて思ったり。素直でしょ?笑

しっかりとここで自分と向き合うことで、後からビビって逃げ出したくなった時の支えになります。

ちなみにmiageru.は二言目には「ジェンダー!』と叫び出しそうな、、、女性とは何か。を前面に打ち出した理念になっておりますよ。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です