店舗名の由来

まずはお店の名前。
いろいろ考えました。
一つ決めていたことは『桜』をなんらかの形で表現できないか?ということ。

というのも私が生まれて間もない頃、青森で大きな地震があったのですが(年齢がバレてしまう。。)その時に命を救ってくれたのが桜の木だったのです。

地震が起きた時、母は実家にいたそうです。当時母の実家の隣には大きな銭湯があり、ものすごく長い煙突あったのですが、それが地震で倒壊し、実家めがけて倒れてきてしまったのです。
みんな一斉に家から逃げたしたのですが、産後間もない母は動くことができず、私を抱きしめて震えていたそうです。

いよいよ建物にぶつかろうとした時、銭湯と家の間にあった桜の木が支えになり、煙突はそこで止まりました。

桜の木が支えてくれなかったら、私はこの世にいないでしょう。

だからすごく桜が好きで、毎年拝むような気持ちでお花見をしています。守ってもらっているような気がするというか、北国なので春の喜びはやはり大きいです。
愛犬にも「桜」という名前をつけました。もうすぐ13歳になりますが、すごく元気でいてくれています。

サクラ商店、チェリーブロッサム、、なんか恐ろしくダサイ名前ばかり浮かんで、そのままだと芸がないからちょっと考えを変えてみよう!ということで

桜→咲く→満開→足を止める→桜を見上げる

ここで「足を止める」というキーワードに引っかかって、だいぶダサイ案を出し続けたのち、miageru.(ミアゲル)に決めたのでした。ローマ字と最後のピリオドは雰囲気です。

この時はまだ本当に開業なんてできるわけがないと思っていて、とりあえずイケメンIMの手前、目標のオープン日を一年後に定め、ゆるりと職業訓練校(失業手当もらいながら資格取得の勉強ができる学校です)の準備を進めるのでした。

職業訓練校は、htmlとか勉強ができて、最終的に自分でホームページが作れるようになれたらいいね!というクラスだったのですが、、成果はご覧の有様です。
でも資格がいっぱい取得できたし、何よりかけがえのない出会いがあったのですごく有意義な時間でした。

この後、イケメンIM曰く「事業計画書の国語の部分」お店のコンセプトや経営理念を決めていくのですが、この作業はすごく楽しかったし、勉強になりました。

つづく